研修について

 

 < 研修について >

 

センター薬局は、松阪市民病院・済生会松阪総合病院・松阪中央総合病院の門前で開局しており、総合病院各科の医師の処方と様々な疾患の患者様、難病、がん、透析、また希少薬品等の調剤をこなしています。

 

昨今は、病院では専門性が発揮されるようになり、センター薬局でも専門疾患により深い知識をもった薬剤師の育成を目指しております。例えば、在宅、吸入指導、抗がん剤治療、糖尿病疾患、漢方製剤といったそれぞれに専門のスキルを磨き、病院の医師・看護師等と連携して、チーム医療の一旦を担える存在でありたいと心がけています。

 

施設内には、54名収容できる研修室が整備してあり、定期的に全職員による研修会を実施しています。症例報告会、新規採用薬品研修会、病院医師との連携研修会、在宅研修会及び無菌室を利用しての無菌調整研修会等、現場に即して研修を受けることができ、研修内容が幅広く、奥深く、とても学術の研鑽に努める環境が充実しています。

 

また、薬剤師学術大会や資格取得のための学術大会にも参加しています

 

薬剤師学術大会は、毎年10月の日本薬剤師学術大会、毎年12月の東海薬剤師学術大会に参加し、口頭発表やポスターセッションによる研究発表を行っています。

 

さらに、資格取得のための学術大会に参加することで、外来がん治療薬剤師、腎臓病療養指導士、スポーツファマシスト等といった専門的な資格を取得して、薬剤師としてのスキルアップを目指しています。

 

 

 

 

 



日本薬剤師学術大会

スキルアップ研修

日本在宅薬学会学術大会