<在宅医療への取り組み>

センター薬局では  薬剤師がお薬をご自宅までお届け し 

お薬でのお困りごとに対応する 『在宅訪問』  を行っております!


薬剤師の在宅訪問までの流れ

 

薬剤師は 薬の専門家 として、通院が困難であって自宅(在宅)で療養を行っている患者様に対し、医師の指示に基づき

患者様のお宅を訪問して、お薬の正しい飲み方の説明や副作用・相互作用の確認、保管方法の説明などを行います。

 

 

薬剤師の訪問によって、お薬をきちんと飲むことだけでなく、剤形(お薬の形。錠剤、散剤等)が飲みにくいといった

ことや、薬の種類が多く飲み忘れてしまうなど、これらについても主治医と相談し、改善のための対策を行います。

 

 

服薬の自立を促すとともに、患者様のQOL(クオリティーオブライフ=生活の質)を考慮した服薬管理、地域の医療

従事者と連携を図ることで、患者様とその家族(介護者)をサポートいたします。

 


薬剤師が在宅医療に加わり、薬に関する悩み・疑問にお応えすることで、患者様やご家族の負担や不安を和らげることができます。


薬剤師は、医師や看護師、ケアマネージャー等の多職種の方々と協力して、 患者様の在宅医療・在宅介護を  "より安心感のあるもの"  へとサポートしていきます!

●在宅訪問

処方箋に基づいて調剤したお薬を

ご自宅までお届けします。

●お薬の管理

お薬を一包化することで、飲み忘れ

を防止します。

●お薬の管理

また、飲み残しの確認や飲み方に

合わせた「お薬の管理方法」を

ご提案します。


●無菌調剤

無菌調剤室を完備しているので、

高カロリー輸液の混合調整など

「無菌調剤」にも対応しています。

●飲み合わせ

お薬や健康食品との飲み合わせを

確認し、ご説明します。

●飲みやすく工夫

患者様の状態に適した形状の

お薬をご提案しています。

(例:粉・液体・ゼリー・錠剤など)


 

薬剤師による在宅訪問を行うには 

 医師、歯科医師からの実施指示と患者様または家族の方の同意に基づいて開始されます。

患者の状態に合わせた調剤

医師の指示または医師と相談のうえ、錠剤、カプセルの粉砕、一包化調剤等を行います。 

またお薬カレンダー等の活用により服薬支援を行います。

薬に関する情報提供と残薬・副作用等の確認

訪問した薬剤師が薬の服用(使用)方法、保管方法などの情報提供を行います。

同時に服薬状況(飲み忘れ、残薬の有無等)を聞き取り、重複服用、相互作用の防止に努め、

安心して服薬できるよう支援を行います。

多職種との連携

患者様を中心に医師、歯科医師、看護師、介護支援専門員(ケアマネジャー)など医療関係職種

が情報共有しながら在宅医療に取り組みます。

 また、薬剤師は地域の医療コーディネーターとして「健康」や「生活」に関する相談を受け、

専門職に繋ぐ役割を担っています。

入院から退院に至るまで

薬剤師は退院時カンファレンスにも参加し、無理なく退院後の生活に移行するために退院後の

療養上必要な薬に関する説明や指導を医師、看護師等と共同で行います。

 


 

近年、医療・介護においては、高齢者や慢性疾患を抱える方でも、病院に長期入院するのではなく

住み慣れた地域や自宅で療養を続け、必要なサービスが受けられて暮らせる仕組みを整える

「医療・介護・生活支援・予防」一体のシステム地域包括ケアシステムと言います。

 

 

このシステムの中で、薬剤師の役割は、他職種と連携しながら、薬の専門家として薬学的管理、

服薬支援、処方提案、残薬の解消など、幅広く専門性を発揮して、在宅の生活を支援していく

ために重要な役割を担っております。


<無菌調剤室の共同利用について>

 

センター薬局では、在宅医療の推進を図るために、地域の薬局が共同利用の可能な無菌調剤室を整備し、がん患者等の在宅医療において高い無菌性が求められる注射薬や輸液などを身近な薬局でも調剤できるよう体制を整えております。

 

無菌製剤処理(無菌調剤室・クリーンベンチ・安全キャビネット等の無菌環境の中で、無菌化した器具を使用し、無菌的な製剤の調製を行うことをいう)に関する共同利用体制を整えて、薬局における在宅医療の推進を図っております。

 


<在宅医療サービス相談窓口>について

 

在宅医療サービスを支援するために、松阪地区薬剤師会事務局内に

「在宅医療サービス相談窓口」を設置しております。

 

地域住民並びに医療・介護関係の方々の皆様から在宅医療サービスに関わる

お薬について、センター薬局の薬剤師又は事務局職員が相談に応じております。

 

おもな相談内容は下記の通りです。

① 薬局の在宅医療サービス全般(医療保険請求事務を含む)に関すること

② 在宅医療サービスに応じる薬局の紹介

③ 注射薬・麻薬・無菌調整・医療材料等の供給に関すること

④ その他在宅医療サービスに関すること

 

<受付時間>

  平日(土・日・祝日を除く) 900分~1700

  電話 0598-22-2356   FAX 0598-22-2000

 

 

在宅におけるお薬に関することなら、

お気軽にセンター薬局へご相談下さい。