<薬局プロフィール>

 

19964月、松阪市民病院が地域の総合病院で最初の医薬分業を開始するにあたり、松阪地区薬剤師会が公益法人を設立して

センター薬局市民病院前店を開局しました。

 

 センター薬局は、国と県の支援のもと、南勢・志摩地域医薬分業推進支援センターとして、地域医療の発展に貢献してまいりました。

 

 医薬分業が定着してきた今、さらなる医療・福祉への薬剤師の貢献が求められております。調剤薬局の『モデル薬局』として医薬分業を支えてきたセンター薬局では、医療従事者の一員としてチーム医療や在宅医療の分野において信頼される薬剤師を目指しております。

 

令和の時代も、センター薬局は、患者様により良い医療を提供することのできる薬局づくりに取り組んでまいります。


   <沿革>

   19954月  社団法人松阪地区薬剤師会を設立

   19964月  センター薬局市民病院前店を開局

   20032月  センター薬局中央病院前店を開局

   20042月  センター薬局済生会病院前を開局

                   会営分譲センターを設置

   20134月  一般社団法人松阪地区薬剤師会へ移行

   201510月  松阪地区薬剤師会館 及び センター薬局市民病院前店を新築移転