おくすり手帳カバーについて

 

《 お薬手帳カバー(松阪地区薬剤師会専用)の作成について 》

 

松阪地区薬剤師会では、薬剤師の在宅医療サービスの普及や在宅医療における多職種連携の強化を目的とした事業の

一環の中で「お薬連絡帳カバー」(以下 手帳カバー)を独自に作成し、介護支援専門員を中心に配布しました。

作成の経緯は多職での話し合いの中で、最近では広く認知されているおくすり手帳を利用して、多職種間の情報共有

ができればという他職種からの発言があったことが発端でした。

この手帳カバーの作成の目的は、お薬手帳に用いるカバーを活用して、在宅患者に関わる多職種間での情報の共有と

一元化を図ったものです。

 

 

 

 

 

 

《 お薬手帳カバー(松阪地区薬剤師会専用)の内容 》

 

① サービス利用者に関係する職種や受診医療機関が一目でわかるように診察券や施設カード、関係職種の名刺などを

  入れることが可能なポケットを12個設置しています。

 

② 患者基本情報はお薬手帳更新時に書き換えの手間を省くため、カード形式にして分離しています。また一般的

  お薬手帳の記入項目以外に緊急連絡先など緊急時に必要な情報も網羅しているので、災害・救急搬送時にも有用です。

 

③ 大きなサイズの保険証や資格証などを収納するためのポケットも装備しています。

 

④ お薬手帳は新旧2冊を収納可能です。

 

⑤ 裏面見開き部分には、多職種のためにこの手帳カバーの目的・使用方法等を印刷した説明カードを封入しています。

 

⑥ 裏表紙には「お薬手帳は1冊にまとめましょう」と印刷しています。

 

 

 

表紙

カードポケット面

基本情報記入欄